マキノ高原キャンプ場に行ってきた!【キャンプ場レビュー】

キャンプ

こんにちは。kanta(@jimny.lover)です。

先日、滋賀県高島市にあるマキノ高原キャンプ場に行ってきました。キャンプ場入り口付近には、メタセコイヤ並木が続いており、時期的に見頃でした。(11月中旬から12月初旬)

そのせいか、キャンプ場を利用する方のみならず、ツーリングやハイキングを楽しむ方も多かったです。

それでは早速キャンプ場を使ってみた感想とともによかった点をレビューしていきたいと思います。

マキノ高原キャンプ場の基本情報

マキノ高原キャンプ場

住所:〒520-1836 滋賀県高島市マキノ町牧野931番地
TEL: 0740-27-0936

チェックイン  13:00~17:00(但し、繁忙時・混雑時は変更の可能性有り)   
チェックアウト 12:00

公式サイト:http://makinokougen.co.jp/

マキノ高原キャンプ場早見表

オートキャンプ場飲み水
コテージ×水洗トイレ
グランピング×ゴミ捨て場
ACサイト直火×
シャワー犬(高原サイトのみ)
お風呂
マキノのここが良いところ

・キャンプ場に常設の水道は飲み水としても使えるため、水の心配が入りません!
・徒歩圏内に温泉さらさがあり、ジャグジー、サウナ、露天も完備しているので、気軽にリフレッシュすることができます。
・ペットの連れ込みもOKのため、家族全員でキャンプを楽しむことができます。

マキノ高原キャンプ場のいいところ①メタセコイヤ並木が綺麗

利用したのが12月初旬だったため、到着するや否やマキノ高原の入り口付近のメタセコイア並木が見頃となってお出迎え。(見頃は11月中旬〜12月初旬)

マキノ高原キャンプ場入り口付近のメタセコイヤ並木

マキノ高原は学生の合宿地になることも多いようで、メタセコイヤ並木の前では、シーズンオフの合宿所のおばちゃんがおでんや焼き芋を販売していました。

マキノ高原キャンプ場のいいところ②管理等が充実

管理棟は入り口入ってすぐ左手で、お土産、キャンプギアも売っていました。キャンプ場の中でも充実した品揃えではないでしょうか。

キャンプギアやレジャーグッズの方が多いといった印象で、何か忘れた際でもここに来れば大体は解決してしまうほど。ただ、食品に関しては売り場の面積にしてはやや小さめだと感じました。

また、個人的に懐かしかったのがこれ。

Furutaのセコイヤチョコレートが売っていました。しかも、売り上げの一部がマキノ高原のメタセコイヤ並木の寄付金にあてがわれるというから面白いですね。

即購入でした。少しだけ、良いことをした気分。(笑)

マキノ高原でのキャンプは、、、(日記)

キャンプの方は、設営をした時は晴れていたので、タープで過ごす予定だったのですが突然の大雨により友人のニーモ、ヘキサライトにておこもりキャンプ。

灯油ストーブを持ち寄ってぬくぬくキャンプができました。

みんなでオムニバーナーでおでんを作りました。

寝るときはおそらく2度〜5度ほどだったと思いますが、寝袋はナンガ、テントシューズとしてSUBUを履いていたため、朝まで一度も起きることなくぐっすりでした。

マキノ高原キャンプ場まとめ

マキノ高原キャンプ場はとても広いキャンプ場でしたが、夏などのハイシーズンは溢れるほどのキャンパーが来場するようです。事前の予約をオススメします。

夏の様子 画像出典:マキノ高原キャンプ場公式サイト

営業期間は通年ですが、林間サイトのみ冬季キャンプ可のようで、雪上キャンプができるとのこと。

ただし、夜間管理人不在のため降雪時に対処できる中級者〜の利用となっていました。(冬季は1、2月) 

今回は12月初旬だったこともあり、人も少なく好きな場所にテントを張ることができました。

メタセコイヤ並木も見頃だったので、マキノ高原キャンプ場を利用する時期は個人的には11月〜12月がベストシーズンな気もしたほどでした。

マキノ高原キャンプ場入り口付近のメタセコイヤ並木

皆さんもマナーをよく守ってマキノ高原キャンプ場で充実したキャンプを送ってみてはいかがでしょうか。

それではまたどこかのキャンプ場で、、、


【お知らせ】instagramでもキャンプや服、車について発信中!下のinstagramのボタンから飛べるので是非フォローお願い致します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました