【人気急上昇】COMFY OUTDOOR GARMENTが気になる!フリースも!【ブランド紹介】

ブランド情報

こんにちは。kanta(@jimny.lover)です。

本日はブランドのご紹介。皆さんはCOMFY OUTDOOR GARMENT(以下COMFY)というブランドをご存知ですか?

アウトドア好きの方はもうご存知かもしれませんが、GO OUTの2020年1月号にも取り上げたられたことで話題になりました。

今回は、そんなCOMFYの魅力に迫っていきたいと思います。

COMFY OUTDOOR GARMENTってどんなブランド?

COMFY OUTDOOR GARMENT(以下COMFY)は、調べてみるとその歴史は古く、

1915年 ワシントン州北西部 シアトルにて誕生し、寝袋やアウトドア用品を中心に製作、販売をしていました。

現在は日本に引き継がれており、主にアパレルにフォーカスして販売しているようです。

また、ブランド名『COMFY』は「快適さ」「心地よさ」を意味する『comfortable』の短縮系、ブランド名の意味から寝袋メーカーだった頃が伺えます。

フリースが気になる、、、

ーPRERCOLD FLEECE TEEー

COMFYの人気商品でもある、PRERCOLD FLEECE TEE。

画像出典:Amazon

長めの毛足のフリースを裏表で使用。冬はインナーとして、春はアウターとして幅広く使えそうです。

ダメージのかかりやすい、首・袖・肘・裾にはナイロン素材が用いられており、長く着ることを想定した設計。

カラーはベージュ、グレー、ブラックがあるようです。デザインはどこか90sのアウトドアウェアを彷彿させるようなデザイン。非常にかわいいです。

(下の画像はGO OUTの別注色グリーン。グリーンはこちらから購入できます。)

画像出典:GO OUT公式サイト

ーRABBIT HOODYー

こちらも人気商品RABBIT HOODY。

ヴィンテージアイテムからインスパイアを受けデザインされた一着。

その名の通り、フード部分はアメリカ空軍のCWU-8/p、通称ラビットパーカに由来しております。

また、ボディー部分はパタゴニアのリズムフーディをサンプリング。

カラーリングもどこかP社を感じるような90s匂わすカラーリング。クールです。

こちらもPRECOLD FLEECE TEE同様、首・袖・肘・裾にはナイロン素材が用いられており、タフな作りです。

バッグも気になる、、、

ざっと二つを紹介しましたが、フリース以外にもバッグも非常にかわいいです。

シンプルな見た目でアウトドアシーン以外でも活躍すること間違いなし。さくっと紹介していきます。

サコッシュ、ボディバッグ。止水ジッパー、蓄光パーツなど嬉しい仕様。

繊維はキューベンファイバーに使用されているスペクトラ糸を、

体部分に密着する側の生地はコーデュラバリスティックという生地を使用しており、堅牢性、耐久性は文句なし。

サコッシュ、ボディバッグは繊維、生地ともに同様のものを使用しています。

他にもポケットの位置などこだわりポイントが随所に詰め込まれており、使いやすさも文句なしだと思いました。

フェスやキャンプはもちろん、ちょっとした旅行の携帯用のバッグにも最適だと思いました。

まとめ

COMFY OUTDOOR GARMENTはヴィンテージのエッセンスを取り入れつつ、

現代のアウトドアシーンとの融合を実現した非常にかっこいいブランドでした。

フリース、バッグ以外にも、まだまだ気になる商品多数!これからの動向も要チェックです。

ちなみにCOMFYの公式オンラインショップでは2020年1月1日からSALEを実施するようです。

2019モデルからそれ以前のアイテムもSALE対象となるので、この機会にCOMFY公式オンラインショップもチェックしてみては。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【お知らせ】Twitter、instagramでもキャンプや服、車について発信中!下のボタンから飛べるので是非フォローお願い致します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました