【便利】NASAが作ったオールウェザーブランケットの汎用性がやばい【ギアレビュー】

ブランド情報

こんにちは。kanta(@jimny.lover)です。

みなさんは、オールウェザーブランケットという商品をご存知でしょうか?

キャンプ好きの方はもう知っているかもしれませんが、NASAが開発したブランケットとして最近、その機能性、汎用性が話題となっています。

自分もオールウェザーブランケットは2枚ほど所有しており、キャンプだけでなくあらゆるシーンで活躍してくれています。今回は実際使っている感想とともに、良さを伝えていけたらと思います。

そもそもオールウェザーブランケットってなに?

NASAの開発した1.52m×2.13mの多目的なシートで、断熱、軽量、防水、防風、耐摩耗性などを兼ね備えています。

また、強度を増すために四辺をすべてバイアステープで止めてあり、グロメットもついています。

汚れても簡単に洗い流して、布でふきとれば綺麗になるのでお手入れもしやすいです。


アメリカの軍隊、警察、救助隊などで公式備品として採用され、高い信頼性を得ています。さすがのMade in U.S.A.

アウトドアシーンだけではなく防災グッズとしてもタフに使えます。

オールウェザーブランケットの汎用性(想像力次第)

①ブランケット

これが本来の使い方でしょう。特殊な4層構造により熱を逃がさず、保温の機能を果たしてくれます。

後ろの説明文によると放射した体温の80%を反射するとのこと。

(余談)ブランケットの延長で寝袋としての使い方もあるようです。。。上級者向けですね笑

②グランドシート

私はこの使い方が最も多いです。銀色の面を下にすればアルミ部分が断熱の役割を果たしてくれます。

テントの寿命(テントが汚れない)を守り、雨天時に濡れた地面の水分がボトムへ浸水するのを防いでくれます。

③レジャーシート

大きさがちょうどいい。フェスやピクニックなどにおすすめの使い方です。

色が4種類あるので、自分のスタイルにあったものを選びたいですね。色はオレンジ、グリーン、ブルー、レッドの4色です。

④荷物置き

テントを設営するときに車からは搬出したいけど汚したくない。

そんなときに一枚敷いておくと非常に便利です。サイトカラーがアース系ならグリーンがオススメです。大きく広げてもサイトの雰囲気を壊しません。

代表的なところはこの辺ではないでしょうか。ざっと挙げただけでも4通りの使い方があります。

また、何と言っても性能、使いやすさの割に価格が安い!

ここは推しポイントですね笑、何枚かもっていてもよいと思います!

最後に

今回紹介してみて、オールウェザーブランケットの使い方は考え方で無限に広がると感じました。

表地と裏地にラミネートされた1.52m×2.13mの断熱、防水のファブリックだと思えば、名前に囚われることなくなんでも使えそうだと思いました。

自分があげた方法以外にもまだまだ使い方が見えてきそうです。

色も、豊富で価格も比較的安価なため何枚か所有していても良いでしょう。

自分で新しい使い方を模索してみるのも面白いかもしれませんね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【お知らせ】Twitter、instagramでもキャンプや服、車について発信中!下のボタンから飛べるので是非フォローお願い致します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました